上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつてイオンを目の敵にした町とは、思えない現状。

盛岡駅を中心に、西と南にそれぞれ大型商業施設「イオンモール」が鎮座する。
いくつかのテナントは重複しているのに、共存。
ディベロッパーたるイオン、ここにあり。
これ以外にも、イオンショッピングセンターやマックスバリュが散りばめられた市内では、
商工会議所主導のポイントカードに
イオンのWAON機能が乗っかる。
もはや盛岡は、イオン帝国の様相である。

正式名称とは別に、2つのイオンモールを区別するため自然発生的に
「前潟イオン」などと呼ばれている。
元は字名でしかなかった地名で。

イオンは今、この町に完全に受け入れられ、かつ共存しているのだ。

そこにあるのは、「東北初」「北東北初」と、
もはやイオングループにしか成し得ない新店ラッシュ。
と、ここで度重なるリニューアルを果たした
「前潟のイオンモール」=「イオンモール盛岡」へ行ってみた。

満たされると、容易に満足しないのが消費者の恐ろしいところ。
正直、驚きや感動は無かった。

その理由の一つと思われるのが、盛岡ゆかりの作家「宮澤賢治」の
作品をモチーフにしたのであろう世界観。
岩手県民・盛岡市民にとっては相当刷り込まれた言葉。

「イーハトーブ広場」「おあげんせ通り」など、
次々と「地元寄りの改名ラッシュ」が続いて、
今さらここに地域色を出されてもなぁ、という戸惑い。
これは本宮にあるイオンモール盛岡南にも言えることで、
「さんさ広場」「チャグチャグ広場」という名前は
どうにも馴染まない。
というより、どちらのイオンモールなのかピンと来ない。

どちらかと言えば、地方の人間は「地元っぽくないもの」をイオンに求めていて、
日に日に地元っぽくなってゆくイオンに、
どことなく戸惑いすら感じてしまう。

それが、「地域の商業や文化を破壊する」とさえ罵られ、したり顔の専門家に攻撃を受けてきたイオンが
なんとか地元に受け入れられるよう努力してきた証だとすれば
実は地元をあまり大切にしてこなかった地方の消費者には最大のアンチテーゼである。

先に、盛岡・岩手の特産品ばかりを集めた商業エリア「もりおかん」が誕生。
イオン系の未来屋書店はこのたび撤退し、地元盛岡の老舗・東山堂書店が入った。
6月には地元の老舗菓子舗・花月堂が中心市街地で展開する新業態のカフェが入る。

思えば昔から盛岡で知られた店はいくつも、イオンモールによって息を吹き返している。
言わば、忘れていた盛岡の中心市街地の賑わいが、
郊外の一角に集結し始めているのである。

「戸惑いの理由」は、ここに通ずる。
新しいイオンモール盛岡に期待して行ったのは、
しゃぶしゃぶ美山と星乃珈琲、そして牛タン利久。
リニューアルと聞いて行ったら、それらすべてが「まだ無い」のだ。

そしてそれらはどれも、
「岩手・盛岡には無かったもの」なのであり・・・

小出しにするのも、イオンモールならではの戦略なのだろう。
そして秋田県から一直線上にあるこの地の利は、
秋田県の人々にとってはさながら「道の駅もりおか」

ともあれ一度、足を運んでみては?
Secret

TrackBackURL
→http://byefornow.blog42.fc2.com/tb.php/570-f458773e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。