上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.03.17 引く波
引く波に例えるのは憚られるが、
「東日本大震災」に関する今年の報道は、
まさにその様相だった。

地域はしっかりと復興へと歩んでいる。
それを先に伝えるべきだ、と識者たちは言う。

が、なかなかどうして。
明るい話題だけ取り上げられても、と思う。

実際に立ち上がることができた「成功例」はごく一部だし、
復興応援イベントに出てくるような三陸沿岸の地元業者は、
いつも同じ顔ぶれ。

元々人口減少著しい地域に、追い打ち。
「元通りにすること」はおろか
それ以上の状態にすることは、ほぼ不可能に近い。

そこに巨大防潮堤や大規模造成をすることへの批判も、
真摯に受け止めなくてはならない瀬戸際にある。
この流れは、非常に強い。

断片を切り取って伝える報道で、
見る人はほぼ全てを見た気分になってしまうが、やはり伝わらない。
同じ町に、何もなかった人と地獄を見た人が、同居している事実が。

風湖明媚な観光ホテルの目の前に並ぶ、いくつもの仮設住宅群。
沿岸から2時間もかかる内陸へ移転し、このまま帰ることも無いであろう飲食店。
「東北」でまとめられながら、被災県と、そうでない県との落差。

未曾有の被害を見た3月10日の東京大空襲が
今、あまり報じられない。
被害が目に見えなくなり、さらに次の災害が来れば、
この震災が忘れられるのも早いのだろう。
Secret

TrackBackURL
→http://byefornow.blog42.fc2.com/tb.php/571-ee12e07a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。